ダイペン図鑑

SHIMANO(シマノ) OCEA PENCIL 別注平政(オシアペンシル 別注ヒラマサ) 190F 狂鱗(キョウリン) 評価、泳ぎ方、アクション等!

スポンサーリンク

アイキャッチ画像出典:SHIMANO

 

メーカーSHIMANO (シマノ)
モデルOCEA PENCIL 別注平政(オシアペンシル 別注ヒラマサ) 190F
長さ・重量190mm・70g
素材樹脂製
推奨フックST-66 #3/0 (6.67g)


総合評価

アクション
操作性
価格・入手難易度
飛距離(3回測定)76m 71m 73m
総合評価

※アクション・操作性は個人の主観になります。

シマノを代表するダイビングペンシルである別注平政です。

安価で入門用にはぴったりの1本だと思います。190と160はアクションが似ていて平打ち、緩いS字が特徴。時折ローリングします。

ロングジャークですと最後のアクションが単調になりやすいので、ショートジャークでテンポ良く強入力させるアクションがおすすめです。

水面に飛び出しがちになるようでしたらフック重量変更や錘追加をオススメします。

釣具屋へ行けば必ずと言っていいほど売っているので入手もしやすいです。

アクション動画

他のダイペン一覧へ↓↓

ダイペン図鑑バナー

以上!越前Noobゆーたでした!

YouTubeで釣り動画配信しています。

よければチャンネル登録よろしくお願いします♪

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

越前Noobゆーた

1991年生まれ。福井県在住。北陸で365日青物を追い求める男。 時には海へ落ちて九死に一生。最近手漕ぎならぬ足漕ぎカヤックを購入しました。 YouTube+ブログでカヤックフィッシングや釣りお得情報を配信しています!ノット検証、オリジナルノットの開発、おもしろルアーで青物を釣ることに精を出してます(笑) チャンネル登録お願いします! サブチャンネルゆーたの戯言もよろしくお願いします!w

-ダイペン図鑑
-, ,

© 2021 越前Noobゆーたオフィシャルブログ