レビュー 商品紹介

釣り遠征におすすめ!ドレス セミハード ロッドケース 使用インプレ!

スポンサーリンク

どうも!こんにちは!越前Noobのゆーたです。
YouTubeではカヤックフィッシング、面白いルアーを使った釣りや、釣り情報を発信中♪チャンネル登録お願いします!

今回釣り遠征へ行くにあたり、セミハードタイプのロッドケースを購入致しました!!

合わせて読む
超おすすめ!激安!青物釣り用 SANLIKE製 ギャフ 使用インプレ!

続きを見る

それがこれ!!

ドレス(DRESS)のセミハードロッドケース180cm!!

実際に遠征で持って行ったので使用した感想も踏まえてインプレしていこうと思います!

では早速細かく見ていこう!!

【ドレス セミハードロッドケース インプレ】耐久性編

まずは耐久性です!

そもそもセミハードと言ってもどの程度の耐久性があるのか気になる方もいらっしゃると思います!

実際に自分(60kg)が乗ってみましたww

ロッドケース自体はポリカーボネートで出来ており、その間に布のファスナー部分があるのですが、ファスナーの部分は潰れてしまっていますが、
ポリカードネート部分は少したわむ程度で60kgの荷重がのっても中のロッド自体は守られている感じがします!

まぁそもそもこのような荷重がかかることはまずないと思いますが・・・w

次にベルトや持ち手部分も見てみましょう!

持ち手・ベルト部分はダブルリベットで堅牢に固定されており、持ち手自体も分割タイプの大型の持ち手を採用している為、がっちり握ることが出来ます!

ベルトはショルダー部分に滑り止めのパッドが入っており、長さも自由に変えることが出来ます!

耐久性はセミハードと言えどハードケースに近い耐久性がありますね・・・!

ハードケースに比べて携帯性も高い為、遠征で移動中やロックショア・渡船で沖堤防へ行く場合でも取り回しがしやすいと思います!

重量も測ってみました!

重量は2.1kgと持ってみてもそこまで重く感じません!!

良く塩ビ管で自作する方もいらっしゃいますが、ロッドが2~3本入る外形100mmの薄肉塩ビ管で1800mmの長さにしようとすると、キャップ等を抜いた塩ビ管だけで3kgを超えてしまいます・・・。

そう考えるとかなり軽量で堅牢なロッドケースだと思います♪

【ドレス セミハードロッドケース インプレ】収納性編

続いて収納性を見ていこうと思います!

まず初めに中身はこんな感じです!!

中身は非常にシンプルで、マジック式のベルトが片側3か所、そしてリアグリップの所にメッシュ生地が張られています!

今回どの程度まで入るのか検証してみました!!

今回は遠征等を考慮してロッド4本、ギャフ1本入れてみました!

・シマノ コルトスナイパー S1000MH
・ゼナック ミュートスアキュラ 100H
・ヤマガブランクス Galahad 595S
・シマノ セフィアSS S803ML
・SANLIKE ギャフ 3.4m
・シマノ ストラディックSW 4000
・シマノ セフィアBB C3000

ついでにリールケースではありませんが、検証で試しにリールも2個入れてみましたが、問題無くチャックも締まり、収納することが出来ました!

塩ビ管で作ったロッドケースでは正直ここまで収納することは出来ないと思います・・・w
しかも固定もされていないので運搬中にロッドのガイド同士がこすれて傷の原因になることも考えられます;;

ドレスのセミハードケースはコンパクトながら、必要十分な収納性があるのでオススメです!

【ドレス セミハードロッドケース インプレ】総評!

7000~8000円代と低価格ながら、耐久性・収納性に優れており、見た目もシンプルで超かっこいいです!!

実際に遠征に持っていきましたが、船での積み下ろしや磯でのランガン等、移動することが多かったものの、ベルトや持ち手もしっかりしていてとても携帯性が高かったです。

また、セミハードケースとしてはかなりハードよりのケースだった為、フェリー乗船の際もロッドケースの上に他の荷物を置かれましたが全く問題ありませんでした!

是非遠征行かれる方、普段の釣行で使いたい方、ロッドを大切に扱いたい方は是非購入してみて下さい♪

 

以上!越前Noobゆーたでした!

YouTubeで釣り動画配信しています。

よければチャンネル登録よろしくお願いします♪>

スポンサーリンク

-レビュー, 商品紹介
-,

© 2020 越前Noobゆーたオフィシャルブログ Powered by AFFINGER5