ダイペン図鑑

Nomad Design(ノマドデザイン) Chug Norris(チャグノリス) 120 使用インプレ・評価・アクション動画・フックサイズ等!

2020年12月31日

スポンサーリンク

アイキャッチ画像出典:nomad design

メーカーNomad Design(ノマドデザイン)
モデルChug Norris(チャグノリス) 120
長さ・重量120mm・45g
素材樹脂製
推奨フックBKK LoneDiablo 3/0 (2.1g)

https://www.nomadsfshop.com.au/

メーカー説明

チャグノリスは究極のポッパーになるように設計されています!これは、最小限の労力で最大のアクションを表します。ポッパーの最高の特性をすべて捉えており、魚を興奮させるだけでなく、作業が非常に簡単な理想的な形状の設計に長年の経験を注ぎ込んでいます。チャグノリスは、最大の結果を達成するために最小限の労力で設計されました。カップが水面をキャッチすると、その素晴らしいドキドキする「ポップ」になります。それは水面に付着し、恐ろしいポッパーの転倒を減らし、弾丸のように投げます。地下にいるとき、チャグノリスは巨大なバブルトレイルと体の揺れで魚を野生にする素晴らしい水泳アクションを表示します。
超深みのあるカップフェースのデザインは、下部が丸く、上部が正方形で、カーブしたボディの輪郭は最初は気付かないかもしれませんが、これらの微妙な属性がこのルアーをユニークなものにしています。カップの形状は、水中でのグリップ、ノイズと気泡、荒れた水のパフォーマンス、最小限の釣り人の努力の間の完璧なバランスを得るために広範囲にテストされました。

nomaddesignより

総合評価

アクション
操作性
価格・入手難易度
飛距離(3回測定)59m 65m 67m
総合評価

※アクション・操作性は個人の主観になります。
※飛距離は全て同一タックルにて検証。その日の調子や気象状況に左右される為あくまで目安として捉えて下さい。

インプレ・使用感

海外オーストラリアのルアーメーカーノマドデザインから発売しているチャグノリス120です。

サイズは50mm、95mm、120mm、150mm、180mmの5種類あり、フローティングの大口径ポッパーです。

カラーは南国系の派手なカラーからイワシのようなシンプルなカラーも存在します。

大口径のカップが特徴的なポッパーです。

アクション

主なアクションは泡をまとったミノーライクなウォブリングアクションです。

深く潜る為浮上までに時間がかかってしまうが、カップで泡を掴むことでルアー全体に泡をまとわすことが出来ます。

水中ではカップで水を受ける為、左右にウォブリングしながら泳ぐミノーライクなアクションを演出できます。

・ポッピングアクションでロングジャーク&ステイで誘う
・ダイブしてミノーのようにリーリング&水中でジャーキング

の2種類の使い方が出来ます。

もちろんフローティングなのでドッグウォークなどで誘う事も可能です。

飛距離

ウエイトは中心に近い後方です。

重量が軽いため風上にキャストする場合は飛距離がなかなか出ません。
風下へキャストすることをオススメします。

得意なシチュエーション

淡水域のフィッシュイーターやシーバス等に使って頂くのがベストだと思います。

1つのルアーで様々なアクションができる為、色々な誘い方がこれ1本で事足ります。

同サイズプラグ

ポップクイーン F130

ラピード F130

ローデッド F140

別注平政 145F

ララペン 150F

BCガンマ 30-140

ブルーフィッシュ 45-150

ダイブベイト 140

ミノペン丸 14F

カットバックイノー

トランペット 140

スカーレット 30-130

入手方法

海外製ルアーの為、海外から取り寄せすることで入手できます。

ノマドデザインの公式オンラインショップから輸入可能。

アクション動画

他のダイペン一覧へ↓↓

ダイペン図鑑バナー

以上!越前Noobゆーたでした!

YouTubeで釣り動画配信しています。

よければチャンネル登録よろしくお願いします♪

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

越前Noobゆーた

1991年生まれ。福井県在住。北陸で365日青物を追い求める男。 時には海へ落ちて九死に一生。最近手漕ぎならぬ足漕ぎカヤックを購入しました。 YouTube+ブログでカヤックフィッシングや釣りお得情報を配信しています!ノット検証、オリジナルノットの開発、おもしろルアーで青物を釣ることに精を出してます(笑) チャンネル登録お願いします! サブチャンネルゆーたの戯言もよろしくお願いします!w

-ダイペン図鑑
-, ,

© 2021 越前Noobゆーたオフィシャルブログ