テクニック

【ショアジギング】ジグのカラー選びについて

どうも!こんにちは!越前Noobのゆーた(@EchizenNoobYuta)です。

今回はショアジギングでのジグのカラーについて解説していきます。

ショアジギングにおいてカラー選びはとても大切で釣果に直結してきます。

【ショアジギング】青物釣り師がオススメするジグ3選。青物釣り師が本当にオススメするジグを3つ厳選しました。 正直今のところ私はこれ以外は使っていません。...

ショアジギングで代表的なジグカラー

主に3種類になります。

・シルバー系

・アカキン系

・グロー系

シルバー系

シルバー系は朝マズメの日が昇ったタイミングやド日中等の太陽が当たるタイミングで使用するのがベストです。

しかしシルバーにはオールシルバーやピンクシルバー、イワシカラー、ブルピンイワシ等様々なカラーがあります。

イワシがベイトだからといってイワシカラーを選ぶのはナンセンスです。

朝マズメ等の活性が高い時はイワシカラーよりもフルシルバーの方がアピール力が強く、活性が高い時はベイトがイワシだからといってイワシカラーを使うよりフルシルバーを使う方が有利です。

イワシカラーやブルピンイワシはどうゆうときに使うかについては、私は喰い渋っている時や見切られてるかな?と思う時に使うようにしています。

フルシルバーはアピール力が高い為、魚を寄せれますが見切られると口を使ってくれません。
そういった場合にフルシルバー以外のシルバー系カラーをチョイスします。

・太陽が当たる時はシルバー系カラーをチョイス

・活性が高い時はフルシルバー

・喰い渋る時はイワシやブルピンイワシ等のシルバー系カラー

アカキン系

アカキン系はフルシルバーより最もアピール力の高いカラーです。

アカキン系には赤と金のアカキンや緑と金のミドキンの二つが代表カラーになります。

自然界にはなかなか存在しないカラーであり、水中で泳いでいるときは一番目立つカラーだと言えます。

主に台風等で荒れた後の濁った状況下や、とにかく活性が高い時に有効です。

また、シルバー系では対応できない薄暗いタイミングでも魚へアピールすることが出来ます。

ただ、アピール力が高いので、水が澄んでいる時や活性があまり高く無い時は見切られてしまう為そういった場合はシルバー系カラー(イワシ等)を使用しましょう。

・アピール力が高い、活性が高いときに有効

・濁った水や薄暗い時でも魚へアピールできる

・アピール力の高さ故に水が澄んでいる時や低活性の時は見切られる

グロー系

グロー系は塗料自体が発光する為、夜釣りの鉄板カラーです。

グロー系には、オールグロー、ゼブラグロー、ピンクグロー、グローチャート、グローヘッド等様々なカラー派生があります。

グロー系の主な使い方は、周りがまだ暗い時に威力を発揮します。

朝マズメや夕マヅメの暗いタイミングで使用します。その他にも水深が物凄く深い所(水深80m以上等)や、日中でも曇りの時にもグロー系を使用します。

その他にもベイトがイカの場合にグローを使うこともあります。

グロー系の派生でゼブラグローやグローヘッド等があります。
この二つはジグ自体を小さく見せる時に使う場合が多いです。
暗かったり、水深が深い所ではグローの部分が目立つため、ゼブラグローはシラスの魚群に見えたり、グローヘッドでは小魚や小さいイカに見せたりすることができます。

・グロー系は曇りや暗い時、水深が深い時に有効

・ベイトがイカの時も威力を発揮

・ゼブラグローやグローヘッドは、シルエットを小さくできる

まとめ

シルバー系

・太陽が当たる時はシルバー系カラーをチョイス

・活性が高い時はフルシルバー

・喰い渋る時はイワシやブルピンイワシ等のシルバー系カラー

アカキン系

・アピール力が高い、活性が高いときに有効

・濁った水や薄暗い時でも魚へアピールできる

・アピール力の高さ故に水が澄んでいる時や低活性の時は見切られる

グロー系

・グロー系は曇りや暗い時、水深が深い時に有効

・ベイトがイカの時も威力を発揮

・ゼブラグローやグローヘッドは、シルエットを小さくできる

私のカラー選びの基準です。

参考になって頂けたら嬉しいです!

ちなみに釣りには絶対はありません!
常に試行錯誤して魚と向き合っていくことが大切です!

 

YouTubeで釣り動画配信しています。

よければチャンネル登録よろしくお願いします♪

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村