カヤックフィッシング

ホビーカヤック パスポート12へガーミン魚探を取り付け! モバイルバッテリーでON!

どうも!こんにちは!越前Noobのゆーた(越前Noobゆーた)です。
YouTubeでは釣り情報を発信中♪チャンネル登録お願いします!

今回・・・やっとマイカヤックに魚群探知機がついたぜぇええ!!

自分が選びに選んで決めた魚探・・・そう!Garmin(ガーミン)Echomap plus(エコマッププラス)65cv!!

訳があって前モデルを購入しました!現行モデルは↓

なぜ前モデルを選んだか?は動画+ブログ記事にする予定です♪

では早速取付けて行くべし!!

ガーミン魚探をモバイルバッテリーで稼働!

まず初めにガーミン魚探のバッテリーを紹介しますw

使うバッテリーは12Vの重いバッテリーではなく・・・。

モバイルバッテリー!!w

とりあえず最初は取付に必要なパーツを全て公開!

ほとんどネットショップで揃います!
※自分は全てamazonで購入しました!

①モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは信頼+保障のあるアンカー製品がオススメ!
その中でも下記モデルが今のところは一番オススメです!(2020年9月調べ)

モバイルバッテリー+充電器付きモデルでないと、魚探を動かすほどのバッテリーは充電時間が16時間程かかるみたいで充電付きモデルを強くオススメしますw

②防水ケース

防水ケースは上記のモバイルバッテリーがスッポリ入って尚且つ信頼性のあるトラスコ製 防水ケース TAK6BKが鉄板!!

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥2,500
(2020/09/19 04:17:07時点 Amazon調べ-詳細)

③防水航空コネクタ

これは防水ケース内のモバイルバッテリーを魚探とワンタッチでつなぐ為の航空コネクタです!
私は格安のUxcell製を購入しましたが、少しお高めの国内メーカーで七星科学研究所という防水コネクタもオススメです♪(オス側、メス側、防水キャップとバラで購入しないといけないです)

自分の場合、+-の電源だけですが、ヘディングセンサーやその他周辺機器にも電源が必要な場合は、個数と極数を増やしてくださいー!

その他、対応ケーブルサイズにも気を付けてください!
自分の65CVの電源ケーブルは6mm程でした!

④トリガーケーブル

モバイルバッテリーを15Vや12Vといった規定のボルト数へ昇圧するケーブルです。
購入した魚探によって電源電圧が違います!メーカーのスペック欄で確認出来ます。

エコマッププラス・エコマップUHD 6~9型(9~18V)
エコマッププラス4型(10~20V)
15Vトリガーケーブル
ストライカープラス4~9型(12V)12Vトリガーケーブル
created by Rinker
パッケージングテクノロジー
¥1,380
(2020/09/20 00:40:43時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
パッケージングテクノロジー
¥1,380
(2020/09/19 22:22:25時点 Amazon調べ-詳細)

どちらかに在庫有ると思います↑↓
共立エレショップ(12Vと15V選択できます)

⑤5.5mm DCケーブル

トリガーケーブル⇔魚探の電源ケーブルをつなぐケーブルです。

⑥ケーブルグランド

ケーブルをカヤックの内部へ貫通させる際の防水コネクタです。

ケーブルの太さ、コネクタの太さ、板厚(貫通箇所のカヤック本体の厚み)の3つが重要です。

ケーブル太さ4~12mm、板厚4mm以下↓AVC-1

created by Rinker
日本エイ・ヴィー・シー
¥1,080
(2020/09/20 00:40:44時点 Amazon調べ-詳細)

ケーブル太さ4~7mm(10mm程度のコネクタの頭なら通せます)、板厚10mm以下↓MGB-16-07B

created by Rinker
日本エイ・ヴィー・シー
¥224
(2020/09/19 22:22:27時点 Amazon調べ-詳細)

⑦その他必要な工具・材料

・ハンダゴテ+ハンダ
・圧着ペンチ+圧着スリーブ
・穴あけ用ドリル+ホルソーorステップドリル
・熱収縮チューブ
・コーキングボンドやシリコンコーキング等

上記が必要なので、ホームセンターでレンタルor購入するか手持ちの工具で・・・w

早速をモバイルバッテリーでガーミン魚探を動作させる!!


とりあえずバッテリーケースを製作する前に、動作するか試験します!

結束方法は、

モバイルバッテリー
トリガーケーブル
5.5mmDCケーブル
魚探電源ケーブル
魚探へコネクタ接続

の順番で接続すればok!電源ケーブルとDCケーブルは黒は黒、赤は赤で接続。

無事動作しましたw
※電源ボタン押してもつかなかったけどボタン長押しかよ・・・w

ワンタッチ接続型モバイルバッテリーケースの製作開始!

動作確認okだったので、防水ケースの製作に移ります!!

まず初めにケースの穴あけ。航空コネクタを取り付けるので、既定のサイズへステップドリルにて穴あけします!今回使ったUxcellのSD16は穴サイズ16mmだったので17mmで穴あけして取付!

次にケーブルを製作します!

トリガーケーブルとDCケーブルを繋いで抜けないように熱収縮チューブで保護して、魚探の電源ケーブルに付属している黄色いヒューズを切り離し、DCケーブルの赤色にかませます!

このようなケーブルを作成!

次にコネクタのオス、メスへはんだ付け。

最後にケース内のスポンジをいい感じで切り抜いて完成w
電源入るか確かめます!

ガーミン魚探の振動子をカヤックへ取り付け!

これがちょっと悩みましたー;

自分の魚探にはGT20-TMというガーミン用の振動子がついているのですが、ホビーカヤック パスポート12にはローランス魚探用の振動子を取り付けるマウントしかありません・・・。

しかもローランス魚探はサイズが小さいという・・・w

いちかバチかマウントを駆使して取り付けました!


純正のマウントを削り、マウント穴を利用してステーとボルトナットで固定!
もちろんステンレス製ですw
ホームセンターでほぼ必ず売ってると思います!

あとは振動子を取り付け、ケーブルを一度カヤック内に取り入れてから魚探を取り付ける箇所へ取り出します!
自分の取付方だとケーブルグランドが2ついりますね!
ちなみにケーブルグランド取付の際はシリコンコーキング等をしてから取り付けるとより防水性が高まります!

魚探本体は前回買った魚探マウントで取り付けるとして・・・
問題はバッテリーケース!

ホームセンターに売っているナイロンベルトを使ってステーを介して固定することにしました。
これでハッチ内に収めなくてもスッキリとした見た目になります♡

後はケーブル繋いで完成!!!

凄くスマートに取付できました!

早く海に出るのが待ち遠しい・・・w

次の休みも何だか雨っぽいし早くカヤック出させてくれーーーー!!!

 

以上!越前Noobゆーたでした!

YouTubeで釣り動画配信しています。

よければチャンネル登録よろしくお願いします♪